image
The Japanese Society for Experimental Mechanics
日本実験力学会
 ホーム > 本会について > 産学連携支援センター

産学連携支援センター

産学連携支援センターの目的

 日本実験力学会産学連携支援センター(本センターと略す)は、日本実験力学会 (本会と略す)の社会貢献活動の一環と考え、本会ならびに本会会員の活動の発展に寄与することを目指す。

本センターの活動

 本センターは、産業界の要望に応じて次の活動を行う。
  1. 技術移転、技術開発、試験および研究実施の橋渡し
  2. 技術指導、教育
    講師派遣、企業向け講習会
  3. 競争的資金(研究、開発助成金など)獲得のための指導
  4. その他
image
画像をクリックすると拡大イメージを表示します。

本センターの業務

 本センターは、目的の実現のために大学側、企業側から次の情報収集を行い、双方の了解の下での橋渡し(支援の具体化。実施)を行う。
  1. 支援可能な会員情報の収集
  2. 企業からの要望情報の収集
  3. 収集情報の保管
  4. 企業へのアプローチ(分科会の活用と協力)
    • パンフレットの作成・配布
      配布先:本会会員
          本会主催・共催の講演会・分科会
          求人等で来学する企業
          CAEソフト販売企業(解析に必要な材料特性(特に、衝撃特性)の測定・検証(本センターで実施可))
    • インターネット検索で、本センターが上位に現れるように工夫
    • 産業界との接点の場を設ける(分科会、講演会、HP,会誌、ニーズの聴取)
  5. 課題ごとに企業と大学の具体的協力関係の構築
  6. その他

本センターのメンバー

(センター長以下、五十音順)
 センター長 井口 学(北海道大学)
  梅崎栄作(日本工業大学)
小川順三(小川・中村・藤谷特許事務所)
加藤 章(中部大学)
坂本 信(新潟大学)
西原一嘉(大阪電気通信大学)
二瀬克規(株式会社悠心)
松井剛一(筑波大学名誉教授)
森本吉春(和歌山大学名誉教授/一般社団法人モアレ研究所)
横山 隆(岡山理科大学)

会員の研究(成果・技術)内容の情報提供のお願い
 「産学連携支援センター」では、産学連携支援策の一環としての具体的な活動を実施するために、本会員が所有する独自の実験計測技術や開発したユニークなもの作り技法についての情報を収集する計画を進めています。収集した会員の貴重な研究・技術情報に基づき、産学連携支援センターのメンバー (コーディネーター:産学応用理事を含む)を通じて、産業界からの技術相談等の要請に応えようとするものです。実際に多種多様な企業側からの要望に適切に応じるため には、学会側として本会員の研究(成果・技術)内容状況を把握せずに、産学連携支援を進展させることが困難であります。
 本会員の研究の情報については、産学連携支援センターにて情報を厳重に管理します。産業界からの情報についてもセンターで厳重に保管します。企業側からの技術相談や問い合せについて、その内容に関係の深い会員の方を選び、相談に応じて頂けるかどうか、ご連絡・協議をさせて頂きます。企業側、大学 側双方の了解が得られれば、連携支援の橋渡しが成功したことになります。
 以上述べました趣旨をご理解頂きご協力を頂けそうな会員の方は、下記にある記入例(A4 1ページ:項目に該当しない場合は記載の必要はありません)を参考に、電子メールにてお申し込みください。また、本センター活動を成功に導くため皆様のご助言やご意見などお寄せください。
申し込みはこちらまで

▲ページ先頭へ


ホームサイトマップお問い合わせ・連絡先
Last Updated April 14, 2012