JSEM会員連絡用掲示板

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
添付File [留意事項]

メンバーにメールを送付する 
チェックが入っていると同じ内容のメールを会員用のJSEMメーリングリストに送付します。
ファイルを複数個添付したい場合など、必要に応じてチェックをはずしてください。
※メンバーへの送信は,本学会に登録されているメールアドレスを記入した場合のみ受け付けられます。


パスワード

あらかじめ通知しました投稿パスワードを入力してくだい。





[432] 第2回全空間画像計測シンポジウムのご案内 投稿者:藤垣元治 投稿日:2019/03/26(Tue) 01:52 [返信]  

JSEM会員の皆様

お世話になっております.福井大の藤垣です.
全空間画像計測コンソーシアム主催の「第2回 全空間画像計測シンポジウム」についてご案内させていただきます.

実験力学にも関連するテーマを集めております.
(光3次元計測,超音波計測,画像計測,形状・変形・応力計測,非破壊検査,人体計測,インフラ計測・検査,インライン計測・検査,産学連携,など)

ご興味のある方,ぜひご参加お願いいたします.

=======================
第2回 全空間画像計測シンポジウムのご案内

日時:2019年4月19日(金) 10:00〜17:40
会場:グランフロント大阪北館タワーC8階(大阪市北区大深町3-1)
   ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC RoomC01
     http://www.kc-space.jp/accessmap/conference/towerc.html#jump
参加費:無料(会員,非会員とも)
主催:全空間画像計測コンソーシアム
協賛:日本実験力学会
後援:国立研究開発法人産業技術総合研究所,関西ティー・エル・オー株式会社,国立大学法人和歌山大学産学連携イノベーションセンター,国立大学法人福井大学産学連携本部

HP: http://ws-conso.com/event/2019-04-sympo2/
=======================
プログラム(案)
 9:30 受付開始
10:00〜10:10 挨拶
10:10〜10:20
全空間画像計測コンソーシアムのこれからの展望
      藤垣元治(全空間画像計測コンソーシアム会長)
10:20〜11:40
講演1 サンプリングモアレカメラを用いた鉄道橋の効率的な健全度評価手法の提案
      栗林賢一(ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
           技術本部技術開発部 執行役員・部長)
講演2 カメラキャリブレーションが不要でピント調整やズームが可能な3次元計測の原理と試作
      藤垣元治,楠 芳之(福井大学 学術研究院工学系部門 知能システム工学講座)
講演3 リアルタイム3次元計測プロジェクションマッピングによる実物上への評価値分布の投影
      鈴木壮大,藤垣元治,大津雅亮(福井大学 工学研究科)
講演4 橋梁たわみ計測装置 4D Sensor for Bridge の開発・販売
     〜無線サンプリングモアレカメラの実用化〜
      柾谷 明大(4Dセンサー株式会社 代表取締役社長)
11:50〜12:40
基調講演1 産総研における画像計測研究の紹介 〜非破壊検査への適用〜
      津田 浩(国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター
          分析計測標準研究部門 総括研究主幹)
12:40〜13:00
装置のデモンストレーション
     (5分間ずつ順番に説明.昼休憩中は自由見学.)
    ・無線式サンプリングモアレカメラ
    ・格子投影用ラインLEDデバイス(高輝度型などいくつか)
    ・リアルタイム3次元計測プロジェクションマッピング装置
    ・特徴量型全空間テーブル化手法を用いた3次元計測装置
14:15〜15:00
基調講演2 福井大学における産学連携の特徴とその成果
       米沢 晋(国立大学法人福井大学産学連携本部 本部長)
15:00〜16:00
講演5 クロスT形表面SH波センサを用いた鋼構造物の非破壊応力計測
       村田頼信(和歌山大学システム工学部 教授)
講演6 LEDドットパターン投影法を用いた熱延鋼板平坦度計の開発
       伊勢居 良仁(新日鐵住金株式会社 プロセス研究所 計測・制御研究部 主幹研究員)
講演7 サンプリングモアレカメラの製品化と現場測定事例(NEDO実証試験他)
       前田 芳巳(株式会社 共和電業 新市場開拓室 室長)
16:15〜17:15
講演8 モノづくりの未来を切り開く、安永の技術 〜計測・革新的技術の、そして、これから〜
       若出 純也(株式会社安永 CE事業部 マーケティング部
             S&I研究開発グループ グループ長)
講演9 人体の計測からホールガーメントでのオンデマンド生産について
       大谷 英也(株式会社島精機製作所 グラフィックシステム開発部 部長)
講演10 加工装置向け3次元形状計測システム 〜大型で金属光沢のある対象物の計測〜
       稲熊 剛幸(株式会社中日諏訪オプト電子 中日電子カンパニー
             開発部 開発第2課 課長)
17:15 産官学連携とコンソーシアムの今後について意見交換
17:30 閉会の挨拶
18:00−19:45  交流会  会場:未定(近くの飲食店を予定)

参加申込・問合せ:
・下の内容を記載して,メールで事務局までお申し込みください.(締切 4月10日)
・全空間画像計測コンソーシアム事務局 info@ws-conso.com ,TEL 0776-27-8050
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第2回 全空間画像計測シンポジウム 参加申込
参加者氏名:
所属・役職:
連絡先(電話,e-mail)
交流会:   参加/不参加
備考:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Download:432.pdf 432.pdf


[431] icOPENのご案内(16-20, July 2019, Phuket, Thailand) 投稿者:藤垣元治 投稿日:2019/03/17(Sun) 15:11 [返信]  

JSEM会員の皆様

お世話になっております.福井大の藤垣です.

International Conference on Optical and Photonic Engineering (icOPEN)
16-20 July 2019, Phuket, Thailand
のご案内です.
http://icopen.net/index.html

講演発表の申し込み締め切りは,April 5, 2019です.
また,Best Student Presentation/Poster Award もありますので,学生の皆様も奮ってご発表ください.
http://icopen.net/bestaward.html

よろしくお願いいたします.



[429] 第18回バイオメカニクス分科会講演会開催案内・演題募集 投稿者:遠藤英昭 投稿日:2019/03/14(Thu) 07:34 [返信]  

日本実験力学会 会員の皆様へ

平素より大変お世話になっております.
バイオメカニクス分科会監事の遠藤英昭です.

バイオメカニクス分科会では,例年行っている
講演会を下記の日時・場所で開催致します.

日時:2019年3月21日(木)午後2時予定
場所:新潟大学医学部保健学科 大会議室

なお,特別講演では,
日本歯科大学新潟生命歯学部歯科矯正学講座講師
亀田剛先生にお話をして頂きます.

つきましては,皆様から広く講演を募集致します.
3月15日(金)までに,講演題目等を
分科会主査の坂本信先生にE-mail(sakamoto@clg.niigata-u.ac.jp)にて
ご連絡下さい.

詳細は,掲示板に貼付しておりますPDFファイル
をご参照ください.

皆様のご参加,心よりお待ちしております.
何卒宜しくお願い申し上げます.

Download:429.pdf 429.pdf


[428] BSSM's 14th International Conference on Advances in Experimental Mechanics 投稿者:ヨネヤマサトル 投稿日:2019/03/05(Tue) 08:06 [返信]  

日本実験力学会の皆様

British Society for Strain Measurement (BSSM) 主催の14th International Conference on Advances in Experimental Mechanicsが2019年9月10日から12日まで,北アイルランドのBelfastで開催されます.講演申し込み締め切りが3月14日まで延長されています.詳細は以下のウェッブサイトをご覧ください.
http://www.bssm.org/default.asp?p=221



[427] 2019年度学会賞・称号授与募集のお知らせ 投稿者:小野勇一 投稿日:2019/03/04(Mon) 08:37 [返信]  

表題の件,会誌(Vol.18,No.4)とホームページで既にご案内しておりますが,今週末が締切り(3月8日)となりましたので,改めてご連絡致しました.奮ってご応募いただきますようお願い致します.


[426] 多分野交流分科会協賛の技術交流会のご案内【申込締切りを2月25日まで延長しました】 投稿者:森 きよみ 投稿日:2019/02/20(Wed) 19:22 [返信]  

第4回 関東支部技術交流会開催のご案内【3月1日開催】
主催: 日本接着学会関東支部
協賛: 日本実験力学会多分野交流分科会,湘南テクノプラザ

 多分野交流分科会が協賛の、日本接着学会主催「技術交流会」を以下の通り開催いたします。実験力学会会員の皆様におかれましても,ぜひご参加いただき、接着関連分野の皆様との交流の機会にして頂きたく、ご案内申し上げます。

1.開催日時 :2019年3月1日(金)  13:00-19:30
2.開催場所 :拓殖大学文京キャンパス 国際教育会館 F301教室
        (〒112-0012 東京都文京区大塚1-7-1
東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩5分)
  http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/bunkyo-campus.html
3.プログラム
13:00-13:05 関東支部長挨拶
13:05-14:05 特別講演「局所力学特性の推定方法と接合強度の考え方」青山学院大学 理工学部教授 小川武史 氏
14:05-14:15 休憩
14:15-14:40 「界面での化学結合を利用したオレフィン用プライマー」綜研化学 木口貴美子氏
14:40-15:05 「最新の高周波木材接着について」 山本ビニター 佐古生樹 氏
15:05-15:30 「機能性瞬間接着剤」  スリーボンド 川本一平 氏
15:30-15:35 休憩
15:35-16:00 「セルロースナノファイバーの特異な増粘・乳化・分散
機構を利用した機能性添加剤としての研究開発」 第一工業製薬 後居洋介 氏
16:00-16:25 「塗り替え塗装向け次世代水性下塗塗料の開発」 関西ペイント 三谷 誠 氏
16:25-16:50 「木が鉄になった?!」 ユー建築工房・木工法研究所 丸山純夫 氏
16:50-17:00 関東支部よりお知らせ

17:30-19:30 技術交流懇親会(名刺交換,飲食付き) (拓殖大学E館9階 ラウンジ)
4. 参加要領
1)参 加 費 5,000円(懇親会費含む、当日徴収)
2)申込方法および締め切り(締め切り延長しました)
2月25日までに、日本接着学会関東支部Webサイトからお申し込みください。
http://www.adhesion.or.jp/seminar/seminar_detail/2/3/54/
問い合わせ先 : 日本接着学会関東支部 jimu@adhesion-kantou.sakura.ne.jp
      TEL: 045-479-8855 
または,拓殖大学工学部 森 きよみ kmori@ms.takushoku-u.ac.jp

Download:426.pdf 426.pdf


[425] 2019年度学会賞・称号授与募集のお知らせ 投稿者:小野勇一(顕彰担当理事) 投稿日:2019/02/15(Fri) 11:40 [返信]  

表題の件,会誌(Vol.18,No.4)とホームページで既にご案内しておりますが,締切り(3月8日)まで約1か月に迫りましたので,改めてご連絡致しました.奮ってご応募いただきますようお願い致します.


[424] (時間変更)流体可視化分科会講演会 投稿者:文字秀明 投稿日:2019/02/13(Wed) 17:08 [返信]  

流体可視化分科会では下記の要領にて講演会を開催します。
講演時間が変更になりましたので、再送します。
よろしくご参加ください。
日時 平成31年3月5日(火) 10:00-12:00
場所 筑波大学 工学系E棟 3E301 (茨城県つくば市)
http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html
講師 福井大学大学院 藤垣元治 教授
講演題目 全視野計測の基礎と応用
問合先 文字秀明(monji@kz.tsukuba.ac.jp)



[423] 流体可視化分科会講演会 投稿者:文字秀明 投稿日:2019/02/09(Sat) 11:14 [返信]  

流体可視化分科会では下記の要領にて講演会を開催します。
よろしくご参加ください。
日時 平成31年3月5日(火) 13:30-15:30
場所 筑波大学 工学系E棟 3E301 (茨城県つくば市)
http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html
講師 福井大学大学院 藤垣元治 教授
講演題目 全視野計測の基礎と応用
問合先 文字秀明(monji@kz.tsukuba.ac.jp)



[422] 特別講演会のご案内(流れと分離・抽出に関する講演会) 投稿者:高岡 大造 投稿日:2019/02/05(Tue) 11:32 [返信]  

 日本実験力学会機械の流れ分科会は,大阪電気通信大学メカトロニクス基礎研究所主催の特別講演会に共催し,下記の講演会を開催させていただきます。
 万障お繰り合わせの上、御出席いただきたくご案内申し上げます。講演会への申込みを2019年2月23日(金)までに高岡大造(takaoka@osakac.ac.jp)まで御連絡下さいますようお願い致します。

         ― 記 ―

●期日 2019年3月4日(月) 14:00〜17:05(13:30 受付開始)

●会場 大阪電気通信大学駅前キャンパス101室
〒572-0837 大阪府寝屋川市早子町12-16
    京阪本線寝屋川市駅下車 徒歩3分
    [交通アクセス]http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/

●プログラム
13:30 開場
14:00-14:05 開会挨拶(小笹俊博,大阪電気通信大学メカトロニクス基礎研究所所長)
14:05-15:25 講演1: CO2選択透過膜の開発とその応用
      岡田治
      株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチ
      代表取締役社長 工学博士
15:25-15:40 休憩
15:40-17:00 講演2 :異相交互流れの化学プロセスへの適用
      武藤明徳
      大阪府立大学 教授
17:00-17:05 閉会挨拶(高岡大造,日本実験力学会機械の流れ分科会主査)

●講演概要
〇CO2選択透過膜の開発とその応用
 岡田治(株式会社ルネッサンス・エナジー・リサーチ,代表取締役社長 工学博士)
 既存のCO2分離技術である化学吸収法やPSAは高価・大型でエネルギー多消費型のプロセスであるため、水素製造等特殊な用途以外使用されていません。一方、近年、地球環境対策としてCO2の分離回収等省エネ型のCO2分離技術が求められています。講演では、最近開発が進むCO2膜分離技術について開発状況とその応用について紹介します。

〇異相交互流れの化学プロセスへの適用
 武藤明徳(大阪府立大学 教授)
 直径1ミリ程度の円管内を液液あるいは気液の異相が交互に流れる流動状態は,化学反応に適した流れであることがわかってきました。講演では,なぜ,どのように化学プロセスに適しているのか,例をあげて概説します。


                                  以上

Download:422.pdf 422.pdf