JSEM会員連絡用掲示板

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
添付File [留意事項]

メンバーにメールを送付する 
チェックが入っていると同じ内容のメールを会員用のJSEMメーリングリストに送付します。
ファイルを複数個添付したい場合など、必要に応じてチェックをはずしてください。
※メンバーへの送信は,本学会に登録されているメールアドレスを記入した場合のみ受け付けられます。


パスワード

あらかじめ通知しました投稿パスワードを入力してくだい。





[420] 多分野交流分科会協賛の技術交流会のご案内 投稿者:森 きよみ 投稿日:2019/01/15(Tue) 15:00 [返信]  

日本実験力学会の会員の皆様
 多分野交流分科会主査の森きよみです。

平成30年度の本分科会の行事として,平成31年3月1日(金)午後,拓殖大学文京キャンパスにおいて開催予定の日本接着学会関東支部主催の技術交流会に協賛することになりましたので,ご案内申し上げます。ご参加の程,よろしくお願いいたします。
なお,日本実験力学会の会員の方の参加費は,接着学会会員と同じです。

第4回 関東支部技術交流会開催のご案内
主催: 日本接着学会関東支部
協賛: 日本実験力学会多分野交流分科会
協賛: 湘南テクノプラザ

時下ますますご清祥のことと存じます。平素は、日本接着学会関東支部の活動にご支援、ご協力を賜りまして有難うございます。
さて、関東支部では、支部所属の法人会員間の技術交流と大学、研究機関等との研究交流を図ることを目的として、標記の技術交流会を開催しております。今期の交流会については、下記の通り開催いたしますので、ご案内申し上げます。交流会では、特別講演および会員企業から6件の研究・技術紹介を企画しております。会員の皆様におかれましては,お忙しい時期かと存じますが、この交流会を支部所属会員の交流の機会にして頂きたく、是非ご参加頂きますようお願い申し上げます。



1.開催日時 :2019年3月1日(金)  13:00-19:30
2.開催場所 :拓殖大学文京キャンパス 国際教育会館 F301教室
        (〒112-0012 東京都文京区大塚1-7-1
東京メトロ 丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩5分)
  http://www.takushoku-u.ac.jp/summary/bunkyo-campus.html
3.プログラム
13:00-13:05 関東支部長挨拶
13:05-14:05 特別講演「種々の接合技術の開発と応用に必要な強度設計の考え方」
青山学院大学 理工学部教授 小川武史 氏
14:05-14:15 休憩
14:15-14:40 「界面での化学結合を利用したオレフィン用プライマー」綜研化学 木口貴美子氏
14:40-15:05 「最新の高周波木材接着について」 山本ビニター 佐古生樹 氏
15:05-15:30 「機能性瞬間背着剤」  スリーボンド 川本一平 氏
15:30-15:35 休憩
15:35-16:00 「セルロースナノファイバーの特異な増粘・乳化・分散
機構を利用した機能性添加剤としての研究開発」 第一工業製薬 後居洋介 氏
16:00-16:25 「未定」 関西ペイント 三谷 誠 氏
16:25-16:50 「木が鉄になった?!」 ユー建築工房・木工法研究所 丸山純夫 氏
16:50-17:00 関東支部よりお知らせ

17:30-19:30 技術交流懇親会(名刺交換,飲食付き) (拓殖大学E館9階 ラウンジ)
4. 参加要領
1)参 加 費 5,000円(当日徴収)
2)申込方法および締め切り
2月16日までに、下記の日本接着学会関東支部Webサイトからお申し込みください。
http://www.adhesion.or.jp/seminar/seminar_detail/2/3/54/

問い合わせ先 : 拓殖大学工学部 森 きよみ kmori@ms.takushoku-u.ac.jp
     TEL: 042-665-0749 

Download:420.pdf 420.pdf


[419] 【教員公募】熊本大学 大学院 先端科学研究部 助教公募のご案内 投稿者:森田康之 投稿日:2019/01/07(Mon) 09:13 [返信]  

日本実験力学会の皆様

熊本大学の森田康之と申します.
下記の通り,教員公募を行っております.
ご関連の方がいらっしいましたら,ご案内よろしくお願いいたします.


jREC-IN
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D118121220&ln_jor=0

1.募集職名および人員: 助教1名
2.採用時期: 2019年7月以降のできるだけ早い時期
3.所  属: 熊本大学大学院先端科学研究部 産業基盤部門 先端工学第三分野(医療材料)
4.専門分野: 医用生体工学・バイオメカニクス(機械系バイオエンジニアリング分野)
5.担当科目: 機械工学に関する講義科目・実験実習科目・教養科目、
        特に大学院においては上記専門分野に関する講義が行える方
6.募集期間: 2019年02月28日 必着


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
森田 康之(もりた やすゆき)
熊本大学 大学院先端科学研究部
〒860-8555
熊本市中央区黒髪2-39-1
Tel & Fax: 096-342-3741
E-mail: ymorita@kumamoto-u.ac.jp

YASUYUKI MORITA, Ph.D.
Faculty of Advanced Science and Technology,
Kumamoto University, Japan
Tel & Fax: +81-96-342-3741
E-mail: ymorita@kumamoto-u.ac.jp
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[418] BSSM's 14th International Conference on Advances in Experimental Mechanics 投稿者:Yoneyama, Satoru 投稿日:2019/01/04(Fri) 09:38 [返信]  

日本実験力学会の皆様

British Society for Strain Measurement (BSSM) 主催の14th International Conference on Advances in Experimental Mechanicsが2019年9月10日から12日まで,北アイルランドのBelfastで開催されます.講演申し込み締め切りは2月29日です.詳細は添付ファイルや以下のウェッブサイトをご覧ください.
http://www.bssm.org/default.asp?p=284

----------
米山 聡(Yoneyama, Satoru)
青山学院大学 理工学部 機械創造工学科
〒252-5258相模原市中央区淵野辺5-10-1
Phone: 042-759-6207/Fax: 042-759-6502
yoneyama@me.aoyama.ac.jp



[417] 環境工学分科会、産学連携支援センター共催研究会 投稿者:植田芳昭・井口学 投稿日:2018/12/14(Fri) 10:54 [返信]  

日本実験力学会会員の皆様

いつも大変お世話になっております。
摂南大学*植田芳昭、北海道大学*井口 学です。

環境工学分科会、産学連携支援センター共催の研究会のご案内をお送りいたします。
ご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

環境工学分科会、産学連携支援センター共催研究会

【日時】2019年1月13日(日)13:00〜17:00
【場所】摂南大学理工学部機械工学科会議室(寝屋川キャンパス1号館3階) 
〒572−8508 大阪府寝屋川市池田中町17−8
TEL:072−839−9160
【話題】
@ 澤井徹(近畿大学) 「バイオコークスの基本特性と普及促進に向けて」
A 宮内修平(元・(地独)大阪産業技術研究所・化学環境部長) 「公設試における環境関連研究」
B 今津篤志(大阪市立大学) 「自由に飛び回れないマルチコプターに価値はあるか?」
C 平井良治・松阪寛司(守口門真商工会議所青年部) 「次世代へつなげ! 企業城下町の技術とプライド 〜夢×挑戦×継承=地域発展〜」
D 「産学連携の現状と今後の展開」についてのパネルディスカッション

問い合わせ先
環境工学分科会主査 植田芳昭(摂南大学)
Email: yoshiaki.ueda@mec.setsunan.ac.jp
TEL: 072-839-9160



[416] シニア会員運用開始のお知らせ 投稿者:澤井徹 投稿日:2018/11/26(Mon) 18:59 [返信]  

日本実験力学会会員の皆様

 平素は学会運営にご協力いただき、改めましてお礼を申し上げます。
 先般、2018年度年次講演会で開催されました総会におきまして、シニア会員制度の導入が承認され、その運用を開始致します。会則第11条を以下に示します。シニア会員は、会則第18条、細則第18条におきまして、年会費を2000円、年次講演会参加費を学生会員と同額としております。

会則
第11条 正会員のうち、10年以上にわたり実験力学に貢献してきた65歳以上の者は、本人の申請に基づき、理事会の承認を経て、シニア会員になることができる。

 シニア会員として、これまでのご経験と実績を、年次講演会等の学会活動を通じて、会員諸氏に還元していただき、末永くご指導、ご教示を賜わることができればと考えております。

 つきましては、2019年4月よりご退職等の理由によりシニア会員をご希望される65歳以上の正会員の方は、下記URLにありますシニア会員申請書に必要事項をご記入の上、2019年1月末までに申請手続きをお願い申し上げます。

  シニア会員申請
   http://www.jsem.jp/form/form-senior/form.cgi

 今後も学会運営へのご協力ならびにご指導をお願い申し上げます。

日本実験力学会 会長 澤井徹



[415] 第50回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム講演募集のご案内 投稿者:坂井 建宣 投稿日:2018/11/26(Mon) 13:35 [返信]  

日本実験力学会会員各位

埼玉大学 坂井です。
いつもお世話になっております。

日本非破壊検査協会 応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム(日本実験力学会協賛)
に関する講演募集のご案内をさせていただきます.

平成31年1月11日(金)〜12日(土)の二日間に
第50回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウムを機械振興会館にて開催いたします。
今年は50周年ということで、懇親会は”屋形船”で行う予定です。
現在のところ講演数が少ないため、講演締切を延長して12月3日まで申し込み可能となっております。
皆様、奮ってお申し込みいただきますよう、お願いいたします。

日時:平成31年1月11日(金)〜12日(土)
場所:機械振興会館(東京タワー横):東京都港区芝公園3−5−8
申込締切:平成30年12月3日(月)

以上、よろしくお願いいたします。



[414] 開催時間変更:マテリアル反応工学分科会主催2018年度第1回講演+見学会 投稿者:小西宏和 投稿日:2018/11/01(Thu) 12:12 [返信]  

開催時間を少し変更いたしました。
ご確認お願いいたします。

日本実験力学会 マテリアル反応工学分科会 主催
平成30年度第1回講演会+見学会「高温プロセスにおける固体・液体の物理・化学現象」
開催の案内(2018/12/11)
今回は、高温場を用いた新たな材料設計・プロセスの探索を目的として、高温プロセスにおける固体・液体の物理・化学現象に興味をもつ大学・企業の研究者・技術者を対象に、当分野の第一線で活躍されている研究者を招き、最新の研究のエッセンスをご紹介して頂くとともに、今後の展望を語って頂く研究講演会を企画しましたのでご案内致します。参加者皆様との交流を深める機会にもしたいと思いますので、皆様奮ってご参加下さい。

場所: 新日鐵住金株式会社 製鋼所
(〒554-0024 大阪市此花区島屋5丁目1番109号)
集合:2018年12月11日13時00分 JR安治川口駅 その後徒歩で移動
交通: JR西九条駅よりJRゆめ咲線(12:34発12:37着、12:49発12:52着)
定 員: 25名 (定員に達し次第,申し込みを締め切らせていただきます.)

プログラム:
13:00 JR安治川口駅集合
13:15 製鋼所着
13:20 開会の挨拶 (マテリアル反応工学分科会 幹事 小西 宏和)
13:20〜14:00 講演1
講演題目「高温プロセス制御による鋼中不純物の悪影響抑制と有効活用への展望」
東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 小林 能直 
14:00〜14:40 講演2
講演題目「SPring-8における鉄鋼分野の放射光利用事例紹介」
高輝度光科学研究センター(SPring-8)  産業利用支援G Gリーダー 佐藤 眞直
14:40〜14:50 休憩および見学準備
14:50〜16:50 見学(2時間)
16:50〜16:55 質疑応答
16:55〜17:00 閉会の挨拶 (マテリアル反応工学分科会 主査 小野 英樹)

申込先
大阪大学 大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻
日本実験力学会 マテリアル反応工学分科会 幹事 小西宏和
TEL: 06-6879-7479 E-MAIL: konishi@mat.eng.osaka-u.ac.jp



[413] マテリアル反応工学分科会主催2018年度第1回講演+見学会 投稿者:小西宏和 投稿日:2018/10/26(Fri) 14:14 [返信]  

日本実験力学会 マテリアル反応工学分科会 主催
平成30年度第1回講演会+見学会「高温プロセスにおける固体・液体の物理・化学現象」
開催の案内(2018/12/11)
今回は、高温場を用いた新たな材料設計・プロセスの探索を目的として、高温プロセスにおける固体・液体の物理・化学現象に興味をもつ大学・企業の研究者・技術者を対象に、当分野の第一線で活躍されている研究者を招き、最新の研究のエッセンスをご紹介して頂くとともに、今後の展望を語って頂く研究講演会を企画しましたのでご案内致します。参加者皆様との交流を深める機会にもしたいと思いますので、皆様奮ってご参加下さい。

場所: 新日鐵住金株式会社 製鋼所
(〒554-0024 大阪市此花区島屋5丁目1番109号)
集合:2018年12月11日13時30分 JR安治川口駅 その後徒歩で移動
交通: JR西九条駅よりJRゆめ咲線(13:04発13:07着、13:19発13:22着)
定 員: 25名 (定員に達し次第,申し込みを締め切らせていただきます.)

プログラム:
13:30 JR安治川口駅集合
13:45 製鋼所着
13:50 開会の挨拶 (マテリアル反応工学分科会 幹事 小西 宏和)
13:50〜14:30 講演1
講演題目「高温プロセス制御による鋼中不純物の悪影響抑制と有効活用への展望」
東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 小林 能直 
14:30〜15:10 講演2
講演題目「SPring-8における鉄鋼分野の放射光利用事例紹介」
高輝度光科学研究センター(SPring-8)  産業利用支援G Gリーダー 佐藤 眞直
15:10-15:20 休憩および見学準備
15:20-16:50 見学
16:50-16:55 質疑応答
16:55-17:00 閉会の挨拶 (マテリアル反応工学分科会 主査 小野 英樹)


申込先
大阪大学 大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻
日本実験力学会 マテリアル反応工学分科会 幹事 小西宏和
TEL: 06-6879-7479 E-MAIL: konishi@mat.eng.osaka-u.ac.jp



[412] 分科会合同ワークショップの講演募集 投稿者:山本 衛 投稿日:2018/10/02(Tue) 08:43 [返信]  

日本実験力学会 会員の皆様へ

平素より大変お世話になっております.
近畿大学の山本衛と申します.

本掲示板(No.410)にてご案内させて頂きましたように,
本年度の分科会合同ワークショップは,2018年12月3日(月)〜4日(火)に犬鳴山温泉(大阪府泉佐野時市)で開催予定です.講演および参加申込みの締切りが10月5日(金)となっております.宿泊部屋を確保するために,少し早めの締切りとなっております.誠に申し訳ございません.
お忙しい時期になるかと存じますが,皆様のご参加を心よりお待ちしております.
申込方法などの詳細は下記をご覧ください.何卒宜しくお願い申し上げます.

-----------------------------------------------------------------------

分科会合同ワークショップ2018

主 催 日本実験力学会
開催日 2018年12月3日(月),4日(火)
会 場 犬鳴山温泉 不動口館
〒598-0023 大阪府泉佐野市大木7番地
TEL: 072-459-7326
ホームページ:http://www.fudouguchikan.com/

趣 旨
実験力学における,いくつかの研究・技術の講演を行った後,じっくりと討論したいと思います.発表者には現状の説明と問題提起をしていただき,その後全員で議論をします.問題点やそれに対する工夫,失敗例,成功例などをお持ちより下さい.企業などからご参加の方で公表を避けたい場合には,特に前刷り原稿を提出せずに,口頭による発表のみでも構いません.これらの問題に関心のある方々に,広くご案内申し上げます.積極的なご参加をお待ちしております.

講演募集
1.実験力学分野全般のテーマに関わる内容について幅広く講演を募集します.なお,講演申込をされていない方の当日の飛び入り発表も受け付けます.講演予稿集を発行しますが,特に企業の方などで印刷物として出版できない場合には講演原稿を事前に提出する必要はありません.当日配布物を持参していただいても結構です.また,同時に技術の実演をしていただける方も募集します.
2.講演申込締切日 2018年10月5日(金)
3.講演申込方法 下記問い合わせ先へE-mail,Faxもしくは郵送にて発表演題,著者名,代表者連絡先,講演原稿を提出するか否かを明記してお申し込み下さい.
4.原稿執筆 A4判用紙2〜6ページ.日本実験力学会講演論文集用原稿の書き方を参照して下さい.原稿の書き方は学会ウェッブサイトに掲載しています.
5.原稿提出締切日 2018年10月31日(水)(必着)
6.原稿提出方法 下記の原稿提出先へ原稿のPDFファイルをE-mailにてお送りください.
7.原稿提出先
〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930
近畿大学 生物理工学部 医用工学科
山本 衛
Phone: 0736-77-0345 内線4522
Fax: 0736-77-4754
E-mail: ei@waka.kindai.ac.jp
8.その他
(a) 講演時間は1件25分程度を予定しています.
(b) 会場では液晶プロジェクターを利用できます.

参加募集
1.参加者は会場の旅館に宿泊していただくよう手配します.宿泊する部屋は参加者数名で1部屋となります.詳細はお問い合わせください.12月3日(月)には懇親会の開催を予定しています.宿泊されない場合はお申し出ください.
2.参加申込締切 2018年10月5日(金)
部屋に空きがある場合は,上記締切り後の参加申込も受け付けますのでお問い合わせください.
3.参加申込方法 下記問い合わせ先にE-mailにてお申し込みください.
4.参加登録費
(a) 正会員 8,000円
(b) 会員外 18,000円
5.懇親会費 3,000円
6.宿泊費 10,000円
参加費,懇親会費と宿泊費は当日会場にてお支払い下さい.

ウェッブサイト
最新情報は学会ホームページ(http://www.jsem.jp/)に掲載しますのでご覧ください.

問い合わせ先
〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930
近畿大学 生物理工学部 医用工学科
山本 衛
Phone: 0736-77-0345 内線4522
Fax: 0736-77-4754
E-mail: ei@waka.kindai.ac.jp



[411] ISEM 2018-Kaohsiung へProceedings Paper を提出された皆様へ(受理通知の件) 投稿者:藤垣元治 投稿日:2018/09/04(Tue) 14:11 [返信]  

JSEM会員各位
  ISEM 2018-Kaohsiung へProceedings Paper を提出された皆様へ
  
 すでに提出された原稿についての受理通知が、主催者側から投稿者へ
 配信されていないので、受理されたかどうか不安な方は以下の Website
 へアクセスしてご確認をお願いします。

  https://2018-13th-isem.webnode.tw/

 トップページのサイドメニューの Paper List
をクリックして原稿番号、題目、著者名の確認ができます。

 またWebsiteには ホテルの予約や早期参加登録の期日も記載がありますので
 同時にご確認ください。
 なお、 Scientific Committee から論文の各著者へ近日中に査読コメント
 がメール送信される予定になっていますので、それに基づいて改訂された最終
 論文を、直接以下のメールアドレスへ9月22日までに提出されるよう
 お願いします。原稿改定の時間が短いですが、ご協力の程よろしく
 お願いします。
          2018isem@gmail.com

    ISEM 2018-Kaohsiung Scientific Committee Co-Chairperson
        Emeritus Prof. T. Yokoyama