JSEM会員連絡用掲示板

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
添付File [留意事項]

メンバーにメールを送付する 
チェックが入っていると同じ内容のメールを会員用のJSEMメーリングリストに送付します。
ファイルを複数個添付したい場合など、必要に応じてチェックをはずしてください。
※メンバーへの送信は,本学会に登録されているメールアドレスを記入した場合のみ受け付けられます。


パスワード

あらかじめ通知しました投稿パスワードを入力してくだい。





[442] 人体損傷評価分科会 第11回研究会のご案内 投稿者:伊藤安海 投稿日:2019/07/15(Mon) 18:46 [返信]  

JSEM会員の皆様

いつもお世話になっております.
人体損傷評価分科会 主査 山梨大学 伊藤です.

このたび,人体損傷評価分科会において,「第11回研究会」を開催いたします.
ご興味を持たれました方は,7月18日までに,山梨大学 徐宛にご連絡くださいますよう,お願い申し上げます.

人体損傷評価分科会・第11回研究会

開催地: 山梨大学 (工学部A2号館A2-11教室→メディア館4F会議室)
 http://www.yamanashi.ac.jp/access-map
(〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37)
日 時: 令和元年7月22日(月) 13:10〜17:00
話 題:前半【会場:工学部A2号館A2-11教室】
13:10-13:10 分科会主査(山梨大学) 伊藤 安海
 開会挨拶
13:20-13:40 人体損傷評価分科会主査・幹事(仮)
講演「工学的な骨折リスク評価の歴史・現状(仮)」
14:00-14:40 国立長寿医療研究センター リハビリテーション科部 伊藤 直樹 氏
特別講演「当センターにおける転倒予防対策〜リハビリテーションの観点から〜」
 (休憩・移動)
後半【メディア館4F会議室】
15:00-15:50 凸版印刷株式会社 大坪 聡 氏、池田 尚 氏
特別講演「床材の安全に関わる課題と取り組みについて」
 (休憩)
16:10-16:30 山梨大学大学院 新村 魁斗 氏
話題提供「転倒骨折リスクに基づく床材評価法の開発(仮)」
16:30-16:50 山梨大学工学部機械工学科 山下 拓哉 氏
話題提供「転倒骨折リスク低減床材の検討(仮)」
16:50-17:20 総合討議
17:20-17:30 総括・閉会挨拶  分科会幹事(三重県警察本部科学捜査研究所) 小倉 崇生 氏
※18:00-20:00 懇親会

参加申込み・問い合わせ: 山梨大学工学部機械工学科 伊藤(安全医工学研究室) 徐秘書
Tel: 055-220-8418(直通)  E-mail: jkin@yamanashi.ac.jp

Download:442.doc 442.doc


[441] 教員公募(筑波大助教、エネルギー分野/熱力学・流体力学) 投稿者:文字秀明 投稿日:2019/07/04(Thu) 15:27 [返信]  

筑波大学システム情報系 教員公募
1. 募集分野
筑波大学システム情報系では、AI×フィールドロボティクス分野において、AI技術の活用によるレジリエンス社会の実現を目指す研究および教育を推進しています。その一環として、本公募では熱力学・流体力学等の基礎学問に立脚した研究を展開し、エネルギー分野でAI技術を用いる新しい領域を開拓する意欲のある教員の募集を行います。
2.募集人員:助教1名
 大学院(システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻)・学群(理工学群工学システム学類)における教育(担当する授業は熱力学、伝熱工学、流体工学、数値流体力学、計測工学、エネルギー工学等に関連する科目を予定)・研究、社会貢献活動および学内運営業務に意欲的に取り組むことができる方。
3.勤務形態
5年間のテニュアトラック制適用の年俸制教員。筑波大学の就業規則が適用されます。
4.応募資格
 博士の学位(着任時期までに取得見込みの場合も可)を有し、専門分野において研究業績があり、組織の一員として職務を意欲的に遂行できる方。
5.着任時期
 令和2年1 月1 日以降のなるべく早い時期

提出書類等詳細は以下のサイトの該当項目をご覧ください。
http://www.tsukuba.ac.jp/update/jobs/#faculty

[問合先]
筑波大学 システム情報系 構造エネルギー工学域 教授 文字秀明
Tel: 029-853-5061 E-mail: monji@kz.tsukuba.ac.jp



[440] 流体可視化分科会講演会のお知らせ 投稿者:文字秀明 投稿日:2019/06/14(Fri) 15:39 [返信]  

流体可視化分科会では下記の要領にて講演会を開催します。
ご興味ある方はよろしくご参加ください。
日時 6月25日(火) 10:00-12:00   
場所 筑波大学 第3エリアE棟3階 3E301 (https://www.tsukuba.ac.jp/access/)
講師 ユーラシア国立大学(カザフスタン)  Prof. Bakyt Shalabayeva
講演概要 流体工学における最近の研究を講演する。またカザフスタンおよびカザフスタンの教育システムについても簡単に紹介する。
問合先
文字秀明 monji@kz.tsukuba.ac.jp



[439] 2019年度年次講演会−講演申込みのお知らせ 投稿者:三輪昌史 投稿日:2019/05/24(Fri) 09:06 [返信]  

日本実験力学会
会員の皆様

2019年度年次講演会実行委員会幹事の三輪と申します。
いつも大変お世話になっております。
2019年度年次講演会−講演申込のお知らせです。

前回お伝えした通り、講演申込締切りは5月31日(金)に延長いたしました。
また、採択通知は6月7日(金)に延期いたしました。

現在、47件のお申し込みをいただいておりますが、
さらなる皆様のご参加、ご講演をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

なお、年次講演会の詳細は下記を参照願います。
http://www.jsem.jp/event/Annual19/index.html




[438] Senspec 2019(6/13横浜で開催)のご案内 投稿者:藤垣元治 投稿日:2019/05/17(Fri) 07:29 [返信]  

JSEM会員の皆様

お世話になっております.福井大の藤垣です.

さて,関連する内容のイベントとしてSenspec2019をご紹介させていただきます.
他学会のイベントの紹介で恐縮ではありますが,光学的手法分科会や画像処理応用分科会,また光計測に関わるご研究をされている皆様へのご参考になりましたら幸いです.

光学技術の基礎を丁寧に解説する取組として,光学技術者の活動の源となるシンポジウムを下記のようにSenspec 2019(6/13横浜での開催)としての企画です.とくに「光学を学ぼう」「光学技術を仕事にまた研究に生かそう」とされる若手の技術者には,光学の基礎を学んでいただく絶好の機会かと思います.(今回は光学シミュレーションソフトのオマケと解説付きです)

ぜひご参加いただければと存じます.

==========================
Senspec2019(光応用技術シンポジウム)

 精密工学会メカノフォトニクス専門委員会において光計測を永年研究テーマとしてきた、光学技術の利用の在り方を熟知した講師を中心に、光学技術を使いこなすために理解しておかなければならない基本事項の再確認を行います。
 同時に、技術者にとっての「困りごと」の相談窓口の提供を目指しております。さらに、受講者の学習環境の整備を図るために、セミナーで教材として使用する光学シミュレーションソフトのフル機能のお試し版を配布し、シンポジウム参加者の学習を促進させることも目指したプログラムをご用意しております。

主催 精密工学会メカノフォトニクス専門委員会
開催日時 2019年6月13日(木) 10:00〜15:00
開催場所 パシィフィコ横浜 展示会場 ハーバーラウンジ B
参加費 7,000 円(テキスト1部、お試し版ソフト一式を含む)
 https://www.adcom-media.co.jp/senspec/?ml_20190510

【同時開催】◆◆画像センシング展2019◆◆
 2019年6月12日(水)〜14日(金) 10時〜17時 パシフィコ横浜
 https://www.adcom-media.co.jp/iss/?ml_20190510

概要:
光計測技術を利用するための基礎知識の再確認
 
 光計測技術は、二次元情報をone-shotで獲得することができる特徴があり、かつ自然界に存在する「波長を物差し」とすること、非接触であることなどから高い測定精度を実現することができます。さらに、センサー技術、コンピュータの進化をはじめとしたエレクトロニクス技術の発展に伴い、従来困難であると考えられていた測定が実施されるに至っております。ところが、光学技術を駆使するためにはその基礎知識を理解しなければ、縦横に利用することは困難です。その表れの一つとして光学計測は、専門性が高く、利用することが難しいなどとの誤解が生じています。
 本シンポジウムでは、精密工学会メカノフォトニクス専門委員会において光計測を永年研究テーマとしてきた、光学技術の利用の在り方を熟知した講師を中心に、光学技術を使いこなすために理解しておかなければならない基本事項の再確認を行います。同時に、技術者にとっての「困りごと」の相談窓口の提供を目指しております。さらに、受講者の学習環境の整備を図るために、セミナーで教材として使用する光学シミュレーションソフト(マルチフィジックス解析ソフトウェア”COMSOL Multiphysics”)のフル機能のお試し版を配布することで、シンポジウム参加者の学習を促進させることも目指したプログラムをご用意いたしております。

プログラム

午前の部
10:00-10:10 Senspec2019開催に向けて
  メカノフォトニクス専門委員会
10:10-10:40 光計測のみならず計測の基本事項
  関西大学教授 新井泰彦
10:40-11:20 光計測技術の実用化における課題
      (3次元計測における課題と解決案)
  福井大学教授 藤垣元治
11:20-12:00 干渉計測:具体的な干渉計測技術
  公立小松大学教授 安達正明
午後の部
13:00-13:40 工業顕微鏡の用途と使い方
  (株)ニコン 吉澤 慧
13:40-14:20 光線収差と波面収差の意味および波面収差の干渉計測の基礎
  東京工芸大学名誉教授 渋谷眞人
14:20-15:00 マルチフィジックスソフトウェア利用による光学シミュレーション
     (電磁場解析〜光線追跡〜伝熱・固体力学連成解析)
  計測エンジニアリングシステム(株) 橋口真宜
15:00 終了予定

お申し込み方法
お申し込み方法 下記よりお申込ください。折り返しメールにて参加票をお送りいたします。 当日は参加票をご持参のうえで、会場受付にて参加費(7,000円)をお支払いください。受付の混雑を避けるため、当日は釣り銭がないようにご用意ください。
お問い合わせ先 宇都宮大学 工学研究科 先端光工学専攻 大谷研究室内
精密工学会 メカノフォトニクス専門委員会 Senspec2019事務局
〒321-8585 栃木県宇都宮市陽東7-1-2
TEL&FAX 028-689-7136  E-mail senspec2019@otanilab.org

==========================

よろしくお願いいたします.



[437] 14th ISEM'19-Tsukuba アブストラクト受付延長 投稿者:文字秀明 投稿日:2019/05/13(Mon) 19:15 [返信]  

14th ISEM'19-Tsukuba (http://www.jsem.jp/ISEM14/)
では、アブストラクトの受付期間を5月26日(日)まで、延期しました。
どうぞ、皆様、日本実験力学会が主催する国際会議 ISEMにご参加ください。
今回より、Full paperを提出せず、Abstractのみの提出での参加も可能になりました。
なお、この場合でも英文誌AEMへの投稿優遇措置を変わらず受けることができます。
どうぞよろしくお願い致します。
今後の主な日程
Abstract submission: May 26, 2019 (extended)
Notification of abstract acceptance: June 10, 2019

Full-length manuscript submission*: July 15, 2019
(*not compulsory and for those who want to submit)
Notification of full-length manuscript acceptance: August 30, 2019
Final manuscript due: September 23, 2019

14th ISEM’19-Tsukuba 組織委員長:文字秀明



[436] 2019年度年次講演会−講演申込み締切延長のお知らせ 投稿者:三輪 昌史 投稿日:2019/05/07(Tue) 11:00 [返信]  

日本実験力学会
会員の皆様

2019年度年次講演会実行委員会幹事の三輪と申します。
いつも大変お世話になっております。
以下の通り、2019年度年次講演会−講演申込締切り延長をお知らせいたします。

 講演申込締切り 5月6日(月) → 5月31日(金) に延長いたします。

また、採択通知についても、5月31日(金) → 6月7日(金)に延期します。

皆様のご参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
なお、年次講演会の詳細は下記を参照願います。
http://www.jsem.jp/event/Annual19/index.html



[435] 2018年度年次講演会の講演論文集の公開 投稿者:塩見洋一 投稿日:2019/05/07(Tue) 10:15 [返信]  

日本実験力学会 会員の皆さま

情報通信担当特任理事の塩見です.

この度,会員サービスの一環として,年次講演会の講演論文集を
WEBにて会員の皆さまに公開することとなりました.

以下のURLで,IDとPWを知っている方のみがアクセス出来るように
なっております.

是非ともご活用頂ければ幸いです.

http://jsem.jp/proceeding/Annual18/Proc_Annual2018.pdf

ID:nenji2018
PW:yamanashi



[434] 【教員公募】熊本大学 大学院 先端科学研究部 助教公募(公募延長)のご案内 投稿者:森田康之 投稿日:2019/04/27(Sat) 11:14 [返信]  

日本実験力学会の皆様

熊本大学の森田康之と申します.
下記の通り,教員公募(公募延長)を行っております.
ご関連の方がいらっしいましたら,ご案内よろしくお願いいたします.


jREC-IN
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D119041587&ln_jor=0

1.募集職名および人員: 助教1名
2.採用時期: 2019年11月以降のできるだけ早い時期
3.所  属: 熊本大学大学院先端科学研究部 産業基盤部門 先端工学第三分野(医療材料)
4.専門分野: 医用生体工学・バイオメカニクス(機械系バイオエンジニアリング分野)
5.担当科目: 機械工学に関する講義科目・実験実習科目・教養科目、
        特に大学院においては上記専門分野に関する講義が行える方
6.募集期間: 2019年06月28日 必着


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
森田 康之(もりた やすゆき)
熊本大学 大学院先端科学研究部
〒860-8555
熊本市中央区黒髪2-39-1
Tel & Fax: 096-342-3741
E-mail: ymorita@kumamoto-u.ac.jp

YASUYUKI MORITA, Ph.D.
Faculty of Advanced Science and Technology,
Kumamoto University, Japan
Tel & Fax: +81-96-342-3741
E-mail: ymorita@kumamoto-u.ac.jp
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



[433] ISEM'19-Tsukunbaのご案内 投稿者:文字秀明 投稿日:2019/04/26(Fri) 13:23 [返信]  

ISEM'19-TsukunbaのHPを更新しましたので、ご覧ください。
http://www.jsem.jp/ISEM14/submission.html
アブストラクトの締め切りは5月12日です。
アブストラクトは1ページで、文章のみでなく図表を含みます。
多数の方に発表していただきたいと思いますのでよろしくお申し込みください。
なお、今回よりアブストラクトのみ提出し、発表いただくことも可能になりました。
もちろん従来通り、アブストラクトに加えて、full-length paper を提出していただくこともできます。どうぞよろしくご参加ください。
実行委員長 文字秀明